Exhibition

ニュイ・ブランシュKYOTO 2021 プログラム
FOTOZOFIO SLIDE SHOW
〜12名の作家の作品を上映〜

FOTOZOFIO(フォトゾフィオ)は、シニア世代の写真・映像芸術プロジェクトです。世界中の50歳以上の人から、今までの人生の中で目にした特筆すべき風景、世界、出来事、発見、不条理、タブー、疑問、秘密、などのストーリーを画像や映像で綴ったものを広く募集して、後世へのメッセージとしてアーカイブしています。この世に生を受けた一人一人の経験が時間の流れに埋れてしまわぬように、人々の経験、視点を集積し人類の歴史として残してゆきます。

参加アーティスト|三宅 章介、伊藤 英二郎、辻 巖、地脇 準一、石崎 幸治、Nadia Porcar、西口 直克、石井 伸枝、石田 省三郎、ときたま、Véronique Joumard、増谷 寛

日時|2021年10月1日(金)19:00〜23:00〈2F 23番教室〉
10月2日(土)〜14日(木) 31日(日) 10:00〜18:00〈2F メディアアーク〉〜期間延長決定〜
会場|アンスティチュ・フランセ関西 - 京都|Institut Français du Japon - Kansai / Kyoto
休館|日・月曜日

展覧会DMはこちら

ニュイ・ブランシュKYOTO 2021 プログラム
ひらいゆう 個展
“まやララバイ/ キョウトブループロジェクト”

大正から令和を駆け抜ける女性であり、母である"まや"。自然、食、歌など、ささやかな日常の喜びに感謝し、一日一日を大切に生きる彼女の姿を通して、京都の時の流れをも写し出すシリーズ。

日時|2021年10月1日(金)19:00〜23:00
10月2日(土)〜14日(木) 31日(日) 10:00〜18:00 〜期間延長決定〜
会場|アンスティチュ・フランセ関西 - 京都〈3Fサロン〉|Institut Français du Japon - Kansai / Kyoto〈3F Salon〉
休館|日・月曜日

展覧会DMはこちら

ニュイ・ブランシュKYOTO 2021 プログラム
ときたま 個展
“Ⓟ、と、Ⓦ、と、”

写真Ⓟと、コトバⓌが合体したプロジェクト。ⓅもⓌもいつでもどこでも、どんなものでも、いかなる場面でもピッと来たら撃ち落とす「スナップショット」である。ⓌがⓅと違うのは、見えないものでも頭の中にメモしてコトバで発する「認識のスナップショット」であること。ⓅとⓌを掛け合わせることで、より深く、様々な刺激が生まれる。

日時|2021年10月1日(金)12:00〜20:00
10月3日(土)〜17日(木)12:00〜18:00 〜展示終了しました〜
会場|ギャラリーH2O|GALERIE H2O
休館|10/2、火・水(*16日のみ14:00〜)

展覧会DMはこちら

Exhibition Archive

FOTOZOFIO ONLINE EVENT
ひらいゆう 写真展
“まやララバイ/ キョウトブループロジェクト”

まやララバイ/ キョウトブループロジェクト 青は流れ。時、空気、水 そして人の心情も、さまざまな青色に染まって流れていきます。 私の母まさこは大正15年京都生まれ、呼び名はまや。 1日1日大切に生きている母の生き方は、 深く私の心に語りかけてきます。 母を通して、京都の時の流れも浮かび上がってきました。 はかない一瞬一瞬を写真、映像や絵で表現していきます。 もし作品にご興味がおありのようでしたら、こちらのshopもご欄下さい。 この展覧会に関してのご意見なども、ご気軽にContactからお送りください。このプロジェクトは京都府から支援金を補助していただき実現しました。

日時|2021年2月21日(日)
〜3月28日(日) 〜展示終了しました〜
会場|オンライン(https://www.yuhirai.com/exhibition/

FOTOZOFIO OFFLINE KYOTO 2021 PRE-EVENT
甲斐扶佐義展
“焼け出された写真・封印された記憶”

大量のネガとプリントを焼失したほんやら洞火災から5年。やっと焦げた作品群と向き合う甲斐扶佐義。
来場者には中途半端な作品も写真家 甲斐には意味あるモノとして展示している。
 日時|2020年8月5日(水)
〜8月16日(日) 〜展示終了しました〜
会場|八文字屋

甲斐扶佐義初回顧展
“京都詩情”

伝説の喫茶店「ほんやら洞」と「Bar八文字屋」を経営する写真家、50年の軌跡
通常非公開の二条城二の丸御殿台所にて、待望の初回顧展
日時|2019年9月21日(土)
〜10月6日(日) 〜展示終了しました〜
会場|元離宮二条城 二の丸御殿台所〈重要文化財〉
公式HP|https://muz-art.jp/kai-exhibition/

甲斐扶佐義 | KAI Fusayoshi

2015年に火災で失われた伝説の喫茶店「ほんやら洞」、いまでも夜な夜な様々な文化人が集う「Bar八文字屋」。 甲斐 扶佐義(かいふさよし・1949年大分生)はこれらの経営者であり、文筆家、そしてなによりも京都を愛し京都を撮り続けている写真家です。 モノクロの世界に落とし込まれたその情景は、懐かしさを感じさせつつ、どこか異国のもののようにも感じられ、日本国内外で愛されています。 90年代には京都新聞紙上でフォト&エッセイを連載し、2001年より連続的に欧米各地で招待個展を開催。写真集は「路地裏の京都」「Beautiful Women in Kyoto」「京都の子どもたち」「京都猫町ブルース」等、40冊以上出版。近年もその創作意欲はとどまることを知りません。

Exhibition

Nuit Blanche Kyoto 2021 program
FOTOZOFIO SLIDE SHOW
〜12名の作家の作品を上映〜

FOTOZOFIO(フォトゾフィオ)は、シニア世代の写真・映像芸術プロジェクトです。世界中の50歳以上の人から、今までの人生の中で目にした特筆すべき風景、世界、出来事、発見、不条理、タブー、疑問、秘密、などのストーリーを画像や映像で綴ったものを広く募集して、後世へのメッセージとしてアーカイブしています。この世に生を受けた一人一人の経験が時間の流れに埋れてしまわぬように、人々の経験、視点を集積し人類の歴史として残してゆきます。

Artist|Akiyoshi Miyake, Eijiro Ito, Iwao Tsuji, Junichi Chiwaki, Koji Ishizaki, Nadia Porcar, Naokatsu Nishiguchi, Nobue Ishii, Shozaburo Ishida, tokitama, Véronique Joumard, Yutaka Masutani

DATE|2021/10/1(fri.)19:00-23:00〈2F 23番教室〉
10/2(Sat.))〜14(Thu.) 31(Sun.)10:00〜18:00〈2F メディアアーク〉 ~ Period extension decision ~
VENUE|Institut Français du Japon - Kansai / Kyoto
CLOSED|Sun., Mon.

Flyer PDF

Nuit Blanche Kyoto 2021 program
YU HIRAI's Photography
“Maya Lullabye / Kyoto Blue Project”

大正から令和を駆け抜ける女性であり、母である"まや"。自然、食、歌など、ささやかな日常の喜びに感謝し、一日一日を大切に生きる彼女の姿を通して、京都の時の流れをも写し出すシリーズ。

DATE|2021/10/1(fri.)19:00-23:00
10/2(Sat.)〜14(Thu.) 31(Sun.)10:00〜18:00 ~ Period extension decision ~
VENUE|Institut Français du Japon - Kansai / Kyoto〈3F Salon〉
CLOSED|Sun., Mon.

Flyer PDF

Nuit Blanche Kyoto 2021 program
TOKITAMA's Photography
“Ⓟ&Ⓦ”

A project that combines photography Ⓟ and words Ⓦ . Both P and W are “snapshots” that shoot down reflexively anything, anywhere, anytime or in any situation. What W differs from P is that W is a “snapshot of recognition” which can note anything in your mind and speak it in words even if you can’t see it. By collaborating P and W, deeper and more various stimuli will be created.

DATE|2021/10/1(fri.)112:00〜20:00
10/3(Sat.)〜17(Sun.)12:00〜18:00 〜The exhibition has ended〜
VENUE|GALERIE H2O
CLOSED|10/2, Tue, Wed(*10/16 14:00open)

Flyer PDF

Exhibition Archive

FOTOZOFIO ONLINE EVENT
YU HIRAI's Photography
“Maya Lullabye / Kyoto Blue Project”

Blue is the colour of flow. Time, air, water and people’s feelings all flow, turning into many shades of blue. My mother was born in Kyoto in 1926 as ‘Masako', but we have always called her ‘Maya'. Old as she is, Maya’s way of living each day of life to the fullest echoes deeply in my heart. In following the long line of her life, the passage of time in Kyoto also emerges from obscurity. I try to capture these passing moments with my photos, pictures and drawings. My thanks are due for the support of the Kyoto prefecture in helping cultural activity to continue. If you are interested by this exhibition, you are welcome to visit the shop, and also kindly send me any feedback through the contact.

DATE|2021/2/21(sun.)
〜3/28(sun.)〜The exhibition has ended〜
VENUEhttps://www.yuhirai.com/exhibition/

FOTOZOFIO OFFLINE KYOTO 2021 PRE-EVENT
Kai Fusayoshi's Photography
“Burnt out photos / sealed memories”

Five years since the Honyarado fire burned so many negatives and prints, Fusayoshi Kai finally faces up to his scorched works. Photographer Kai displays the pathetic remains as meaningful objects.

DATE|2020/8/5(wed.)
-8/16(sun) 〜The exhibition has ended〜
VENUE|Hachimonjiya, Kyoto

The first retrospective of Kai Fusayoshi's Photography
“Living as a poet in Kyoto”

The photographer who ran the legendary coffee shop “Honyarado" and runs Bar "Hachimonjiya". The 50 year journey.
DATE|2019/9/21(sat.)
〜10/6(sun.)〜The exhibition has ended〜
VENUE|Nijo-jo castle is only open for Daidokoro area
HP|https://muz-art.jp/kai-exhibition/

甲斐扶佐義 | KAI Fusayoshi

Kai Fusayoshi (Born 1949 in Oita pref. Japan) was the owner of the legendary coffee shop “Honyarado” which was lost four years ago in a fire. He also runs Bar “Hachimonjiya”, where various artists gather every night. He is a writer, and above all a photographer who loves Kyoto, which he continues to photograph to this day. He has often been invited to hold exhibitions in foreign galleries and has produced over 40 books. Still today, his desire to create art knows no bounds.

gotop